企業に必要な印鑑|企業の効率化を目指すならワークフロー|システム連動で利便性に驚け

企業の効率化を目指すならワークフロー|システム連動で利便性に驚け

企業に必要な印鑑

ハンコ

3種類必要な会社の印鑑

企業には角印と呼ばれる社印と会社の銀行印、そして会社実印と呼ばれる代表者印があります。角印は実印とともに注文書などの実務的な業務で使用し、銀行印は法人口座を使用する際に欠かせない印鑑です。実印は企業として契約をするときに使用する重要な役割を持っています。実印の印面は、外枠と内枠に分かれており会社名などの屋号を外枠に、そして内枠には株式会社や有限会社の場合、代表取締役印とするのが一般的です。有限会社の場合には、取締役印とすることもあります。会社の実印は作るだけではなく、もちろん印鑑登録をして初めてその効力が発揮されることも把握しておくと良いでしょう。代表者印であっても個人印とは異なりますので、管理をする場合や使用する場合にも注意が必要です。あくまでも会社の意思を示す際に使用するのが、会社の実印だと考えてください。

印鑑のリスクと管理の分割

企業で使用する印鑑が、3種類に分けられるのはリスクを分散する意味も持っています。企業として契約をする印鑑と銀行印が同じでは、万が一紛失した際のリスクが大きくなるでしょう。そのため実印と銀行印、さらには角印を分けて管理することが重要になります。また、代表取締役は、企業の意思を示す代表者印と、個人的に使用する当人の実印を2つ持ち、やはり別々に管理するのが望ましいでしょう。会社の実印は法務局で登録し証明書発行を受けるとても重要なものです。実印を紛失した場合でも、印鑑証明書が取得できないと不動産売買や担保設定などに使用することはできませんが、リスクヘッジのためにも分割管理をするものだと理解しておきましょう。