相乗効果を出せる改革|企業の効率化を目指すならワークフロー|システム連動で利便性に驚け

企業の効率化を目指すならワークフロー|システム連動で利便性に驚け

相乗効果を出せる改革

会社

包括的な全体像を捉える

組織を抜本的に解決することが必要であると感じていてもそれを実現化できる人は少ないのが現状です。その理由は組織改革を行う必要性こそ感じていても具体的にどのように改革すべきなのか具体案がないことが理由になっています。もちろん失敗することも想定して実施するは可能です。しかし確実な根拠がない状態での改革は失敗のリスクを高めるだけです。包括的に組織の要素をとらえて、要素と要素の連携を行えるような組織を組み立て設計することは簡単なことではないのです。組織改革を行う時に考慮すべきポイントはいくつかあります。要点を抑えて組織改革を行う事で失敗のリスクを小さくすることにつながるのです。他の要素に好影響を与えるような設計が必要なのです。

組織に大事な要素

組織改革で必要な要素は7つあります。1つ目は、戦略です。事業の方向性を統一することが組織の目指すべき方向性となります。次に組織形態です。これはどのような組織体系にするのか骨組みの部分です。そしてシステムです。人事評価や報酬に関する事、情報の流れや仕組みなど骨組みに肉を付けた状態です。更に価値観をプラスします。共通認識で同じ方向性を向くことが必要です。術の要素が同じ方向性を持っていることが大事なポイントなのです。スキルや人材も大事です。営業力や企画力、マーケティング力などを最大限生かせるような仕組みです。そして経営力や個人のスキルの発揮を最大限出せるようにします。最後に社風や組織の風土などのスタイルを作ることです。