会社の財務統合システム|企業の効率化を目指すならワークフロー|システム連動で利便性に驚け

企業の効率化を目指すならワークフロー|システム連動で利便性に驚け

会社の財務統合システム

システム

恩恵は経理だけでない

企業に会計システムを導入することで利便性が高くなるのは経理部門のみであるという考え方は間違いになります。確かに会社の収入と支出を総合的に管理しているのは経理部門です。しかしそれ以外の部署が会計に携わっていないことはありません。営業部門であれば、今月の売り上げ状況や利益状況をもとにスケジュールや目標を設定します。また、企画部門でもコストや予算を会計をベースに計算することもあります。人事なども会計情報から人件費情報などをリンクさせることもあります。会計システムは、会社のどの部署であっても重要な位置づけなのです。人と物と金で動く企業にとってどの部署もこの3つを意識せざるを得ないのです。会計システムを導入する事でどの部署の効率も向上します。

各部署が責任を持つ

財務会計に役立つことから経営層における会計管理も楽になります。企業の母体が多くなれば、各部署の予測が少しでもずれることによって会社全体では大きな誤差を生み出すことになります。会計システムは、すべての部署の会計を統合した結果を出力することができますので、信頼性が非常に高くなっています。そのため会計システムを触ることができるのは経理のみならずすべての部署において利用できるようにしておくべきなのです。そして各部署の会計システムの数値は各部署で責任を持つようなルールや仕組みを作ることで、会社内における責任範囲の明確化につなげることができます。社内のワークフローシステムなどと連動させることで精算や稟議などもリアルタイムに反映させることができます。